2014年6月13日金曜日

個人の尊重なき限定承認

“すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。”

正当防衛としての自衛権

まず最初に、自らの立場を明らかにして置かなければならないでしょう。

僕は、自衛隊の存在自体は合憲と考えているし、強化も必要だと考えています。ただ、集団自衛権行使には反対です。


特に反対なのは集団自衛権の中の「制裁権」であって、最近議論されている限定容認は、日本国刑法の正当防衛の範囲であり、僕のスタンスからも一見、必要な措置に見えます(あくまで僕の見地からです)。

ただ、やはり議論されている内容の報道を見ていると、疑問符がつきます。

軍隊は「国民」を守らない

限定集団自衛権の事例で、「邦人を救助搬送する外国籍船を護衛する」というのがあります。

この事態が生じた時、自衛隊が護衛すること自体は必要だと思うのですが、議論の題目になっていることが、僕の中に疑問符を生むのです。

なぜ、邦人が乗っているのに集団自衛権になるのでしょうか?

「邦人を救出するために現地に向かう外国船(まだ乗せていない)を守る」であれば、議論する意義はあるでしょう。しかし、邦人が乗っているのに守るか守らないかを議論しているのは何故なのでしょう。

「国家」安全保障への不信

今、集団自衛権の範囲が個人的には賛成できる範囲に収まりそうだなという思いと同時に、この国に交戦権を与えていいのかという不信があります。

邦人の乗っている船を守ることを集団自衛権で説明しなければならないことが、国家とは「国という機構」もしくは「国土」と考えていることを表しています。

現在、国民こそが国家の第一という原則が、政府に認識されていない。立憲主義も無視する政権だからと言ってしまえば、それまでですが、やはり問題を感じずにはいられません。

本来、国が守るべきは、国民の生命、自由及び権利

かつて国家が、国民の生命や自由をゴミクズのように扱い、国の勝利を目指して暴走したことは、GHQの洗脳があろうがなかろうが誰の目にも確かなはずです。歴史的に全ての国家がそうだったのですから。

「国のために」命を捨てるべきでない。

この思いは、結局のところ国自体が国民を第一に考えていないという不信からくるものです。憲法13条「個人の尊重」これができている国ならば、正当防衛の範囲内である限定承認は是としたいところです。


ただ、国民より国家を優先する政府に、国民を戦わせる権利を拡大させていいのかという不安は、僕だけのものではないでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿